1つに対して1メッセージにすると読者さんにも読んでもらえる!シンプルな情報を絞って書く記事の書き方

ライティング
るい
るい

こんにちは、赤井るいです!

 

この記事では「情報は1つに絞ったほうが読者さんにメッセージが伝わりやすいよ!」といったお話をします。

 

「ついつい長文になって、何を書いているのわからなくなった…」

「一生懸命書いているのに、どうも最後まで読んでもらえていないっぽい…」

 

と言った悩み、ありませんか?

 

かくいう私も、ついつい長文になりがち&寄り道しまくりで…

「何を伝えたかったんだっけ?」と書いている本人がよく混乱していました^^;

(そして長文を書き続けて、疲れる)

 

けど、文章をシンプル(情報を絞る)にすると、それらは解決したのです!!

 

この方法を実践していくことで、文章を書く時間も短くなり…

読者さんにとっても、読みやすくて、やさしい文章になったんですね。

 

サクッと動画で見るなら

1つに対して1メッセージにすると読者さんにも読んでもらえる!シンプルな情報を絞って書く記事の書き方

 

情報を詰めすぎるとどうなるのか?

長文の流れは、

  • 文章は、長い方が相手に伝わりやすい!
  • 長い方がしっかりとした説明が書かれていて信頼感がある!

と言ったメリットはあるにはあるのですが…

 

注意点があります。

たくさん情報を詰めすぎると、読者さんが混乱するということがよく起こるんです。

 

 

例えば、メルマガの使い方の記事を書いているとします。

メルマガの使い方の流れで、「メルマガ文章を書く方法」の説明に書いていると…

 

「メルマガを書いてくださいって言っても、書き方がわからない人もいるよな…。

よし、メルマガの文章を書く上の注意点を書いておこう!」

 

と、最初は「メルマガの使い方」を書いていたのに…

途中で「メルマガの文章を書く上での注意点」の話に移っていきました。

 

たしかにそれも大事ですが…

正直、それを書き始めると、かな~~り長い文章になります。

 

読者さんも、「えっ?話が変わっていない?」と混乱するかもしれません。

「この話はいつ終わるんだ…」と、疲れちゃうかもしれません。

そして人間、一気に物事を覚えられるわけじゃないので、一気に情報を詰め込まれると…

 

「なんかもう読むの疲れた…読むのやーめた!」となりかねません(汗)

 

るい
るい

一生懸命に書いたのに、読まれないのは悲しいですよね…

だからこそ「1つのことに1メッセージ!」

たくさん詰め込みたくなる気持ちも、わかります。

 

ですが、思い出してほしいのですが…

文章を書く目的は…「相手に読んでもらうため」ですよね?

 

なが~~い文章だと、「うっ、読むの大変そうだ…」と読んでもらいにくいかもしれませんが…

2~3分で読めそうな文量だと「ちょっと読んでみるか」と、読んでもらいやすいです。

 

こんな時こそ、

情報を絞る「1つのことに1メッセージ」です!

 

 

「メルマガの使い方」を伝えたいのなら、その文章は「メルマガの使い方」のことだけ!

「メルマガの書き方の注意点」など別のテーマは、別の時に書けば良いのです!

 

るい
るい

記事を書く一番最初に

「〇〇のテーマを書こう!」

と決めておくと、迷わずまっすぐゴールまでたどり着けますよ!

 

まとめ

  • 情報を詰め込みすぎると読者さんが混乱する
  • 最初に、伝えたいメッセージを1つだけ決めてから書き始める

と言ったことをお伝えしました。

 

ぜひ、情報発信をするときは

「1つのことに対して1つのテーマだけで書く」

を心がけて実践してみてください!

 

るい
るい

最初は大変かもしれませんが、

なれてくると、自然とできるようになってきますよ!

それでは!

 

【無料】ネットビジネス初心者さんのお悩み解決がたくさん!

今さら聞けない、
・Gメールの作り方
・メルカリでの出品方法
といったものから、

・ブログが1日7700PV達成したコツ
・グーグルアドセンスを1発で受からせる方法

など、色々と無料レポートを公開中です♪

「なかなかネットビジネスに手を出せない…」という方のために、
レポートを読んで、アナタの活動にお役立てると嬉しいです!

ライティング
赤井るいをフォローする
るいログ

コメント